免疫Labo

【 免疫ラボ腸内細菌・FK23乳酸菌の驚くべき力〈プロテサン正規代理店〉

腸内環境を改善し、免疫力を強化する素材の専門店



Access

以下抜粋資料提供はニチニチ製薬中央研究所資料より発行の「乳酸球菌 エンテロコッカス・フェカリス・FK-23菌の機能」より抜粋

FK23って何?
FK-23菌には血圧降下作用があり、それは菌体の中にあるRNAという物質にあることが解りました。このRNAFK-23菌の殻の中にあります。これをLFKと略します。LFKは現在の治療薬と違って、血管に直接働きかけて血管を広げる作用があるのです。血圧治療薬と併用するとより効果が認められ、正常の場合は、必要以上に下げることがありません。

FK23って何?
アレルギーには、サバ、そば、たまごのように原因物質をたべたり、触れたりして起こる即時型、これには花粉症、アトピー性皮膚炎も入ります。一度体内にアレルゲンと呼ばれるアレルギーの原因物質が入ると白血球が異物として抗体を大量に産生します。がこの抗体は肥満細胞にくっついていつまでも残っています。そこへ同じアレルゲンが入ってくると、残っていた肥満細胞にくっつきヒスタミンと呼ばれる物質が大量にでてきます。このヒスタミンが原因で各種症状が現れます。LFKを飲んで頂くと症状が、軽減、出なくなる効果も表れました。アレルギーには、ある時間経過後症状が出る遅延型もあります。漢方薬との併用で軽減効果も確認されています。腸内細菌と漢方薬とFK-23の併用効果については、まだまだ可能性があり、研究が進んでいます。

FK23って何?
整腸作用といえば、ヨーグルトに代表される生きた乳酸菌がすぐに頭に思い浮かぶと思います。現在ちまたで話題になっている『特定保健用食品』に認可されている生菌の商品(ヨーグルト等)はすべて整腸作用をうたっています。ということは、整腸作用というものは生菌のみが持つ特権のようなものなのでしょうか?
 FK-23菌をジュースに混ぜて便秘傾向の女子大生37名に毎日1回飲んでもらったところ、排便回数が増加する傾向を示しました。また、腸の有害菌であるクロストリジウム・パーフリゲンスの菌数を減少させることがわかりました。この結果は、今までの『整腸作用は生菌にしかない』という概念を大きく覆すものです。整腸作用で腸内環境がよくなると、便の色も美しくなり、スムーズになり、毒素が排出されるようになると皮膚や肌に、うるおいとつやが戻ってきます「酒さ」と呼ばれる原因不明の赤ら顔が中高年の女性に多く現れ、美白を求める女性の大きな悩みとなっています。有効な治療法は未だありませんが、FK-23菌の一部LFKを食べて頂いたところ、数週間で症状の改善が認められました。

乳酸菌と長寿について
◎Bacillus subtilisを用いたRec assayやマウスを使った小核試験の変異原性試験で、異常は認められませんでした。

◎ラットを用いた亜急性毒性試験は、大量投与(3000~5500mg/kg)の場合も、一般状態、体重、尿検査、血液検査等全てにおいて異常は認められませんでした。 (通常、人が摂取する量は、体重換算で20~50mg/kg程度です。)

資料はニチニチ製薬株式会社より提供された研究資料です。またFK-23乳酸菌に関する詳しい資料、お問い合わせは、下記までご連絡ください。
ニチニチ製薬株式会社 お客様相談室 0120-171-868

  

PageTop


Copyright 2008 Meneki-Labo. All Rights Reserved.